話題の出来事

根尾昂がピッチャー転向でかわいそうと言われる5つの理由とは?

根尾昂がピッチャー転向でかわいそうと言われる5つの理由とは?

中日ドラゴンズの根尾昂選手がピッチャーに転向することが発表されました!

この発表を受け、「かわいそう」といった同情の声が多数上がっているようです。

なぞこのように言われているのか理由を調査しました。




根尾昂のピッチャー転向を受けたネットの声

まずは根尾選手のピッチャー転向を受けてのネットの声を調査しました。

調べてみると「かわいそう」と言った意見がかなりありました。

では、なぜ皆さんこのように思われているのでしょうか。




根尾昂がかわいそうと同情される5つの理由とは?

調べてみると大きく分けて5つの理由があることがわかりました。

それぞれ1つづつ見ていきたいと思います。

本人の意思が無視されている

まず1つ目の理由は「本人の意思が無視されている」です。

今回のピッチャー転向は根尾選手とも話をし、

『やってみたい』と本人も納得しての決断だと言われています。

ただ、プロ入団時の

「ポジションはショート一本でいかせて下さい」との表明もあったので

今回の転向を聞いた人の中には、本当に本人の意思なの?

と疑問に思った方もいたようです。

育成ビジョンがない

2つ目の理由は「育成ビジョンがない」です。

2018年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団した根尾選手。

当時4球団から1位指名を受けており、かなり注目度が高く期待の選手だけに

プロになってからの度重なるポジション変更を受け

「育成ビジョンがない」と感じている人も多いようです。

たしかにこんだけポジションがコロコロ変わっていると

ちゃんと将来を見通しての育成プランなの?と疑問に思ってしまうのも納得ですね。

球団に振り回されている

3つ目の理由は「球団に振り回されている」です。

高校時代は1年生からベンチ入りし

2年春、3年春、3年夏で全国優勝を経験した根尾選手。

当時は投手、遊撃手、外野手とマルチプレーヤーとして活躍していましたが

プロに入ってからは、このプレーエリアが広いことが裏目になり

成績が残せないたびにコロコロとポジションが変更され

球団に振り回されていると感じる人も多いようです。




ポジションのたらいまわし

一番意見が多かったのが「ポジションのたらいまわし」です。

内野手→外野手→ピッチャーとポジションがころころ変わっており

また今回はシーズン途中での異例の変更に

さすがにかわいそうと言った意見が多くありました。

球団のおもちゃにされている

最後は「球団のおもちゃにされている」です。

これまでの経緯を知っている方は

今回のこの転向にもはや球団のおもちゃにされている

と感じてしまったようです。




まとめ

今回は根尾昂選手のピッチャー転向したことに対して

かわいそうと言われる理由について調査しました。

プロになってから、なかなか成績が残せていない根尾選手。

球団、監督も活躍のきっかけを見つけるため

試行錯誤しているようですね。

今回の転向がいい結果になることを楽しみに

これからも応援したいと思います。




You cannot copy content of this page