話題の人物

倉科カナは竹野内豊との破局で結婚が遠のいた?歴代彼氏7人で超モテモテ!

倉科カナは竹野内豊との破局で結婚が遠のいた?歴代彼氏7人で超モテモテ!

ドラマや映画、舞台などで活躍している女優・倉科カナさん。

かわいい笑顔が印象的な女優さんですよね!

そんな倉科カナさんですが、これまでにさまざまな男性と浮名を流してきました。

名前を聞くとほとんど知っている方ばかりではないでしょうか。

そこで、今回は倉科カナさんの歴代彼氏について調査していきます。




倉科カナの歴代彼氏

倉科カナ

まずは、倉科カナさんの歴代彼氏にどんな人がいたのかまとめてみました。

熱愛報道された人

・竹野内豊
・浜口優

共演をきっかけに噂になった人

・斉藤和義
・大東駿介
・濱田岳
・錦戸亮
・玉木宏

合計7人です。

全員名前を聞けばわかる人ばかりですよね!

倉科カナが熱愛報道された彼氏

倉科カナ

では、倉科カナさんが週刊誌などに熱愛報道された2人について見ていきましょう。

・竹野内豊

竹野内豊

1人目は俳優の竹野内豊さんです。

竹野内豊さんと倉科カナさんは結婚秒読みとまで言われていましたよね。

竹野内豊さんと倉科カナさんの熱愛が報じたのは2014年のFRIDAYでした。

竹野内豊 倉科カナ熱愛

その報道を受け両者共に交際を認め、竹野内豊さんは所属事務所を通じ

この度は私ごとでお騒がせして申し訳ありません。倉科さんとは親しくさせていただいております。温かく見守っていただけるとありがたいです

引用元:オリコンニュース

とコメントを発表しています。

当時、竹野内豊さんは43歳、倉科カナさんは26歳ということで17歳差だったことも話題になりましたよね!

交際に発展したきっかけは2012年のドラマ「もう一度君に、プロポーズ」で共演したこと。

その後、交際に発展し、竹野内豊さんが倉科カナさんのマンションに頻繁に訪れていたことが報じられています。

そして、2018年の春には竹野内豊さんが建てた豪邸で半同棲中とも伝えられたため、結婚秒読みかと言われていたのですが、同棲してすぐの2018年夏に破局したと報じられました。

竹野内豊 倉科カナ 半同棲報道

交際期間4年ということで誰もが結婚すると思っていた2人なのですが、破局理由は何だったのでしょうか。

もともと倉科カナさんは結婚願望が強く30歳までには結婚したいと思っていたようなのですが、竹野内豊さんと折り合いがつかなくて倉科カナさんから別れを切り出したと言われています。

関係者は以下のように語っていました。

結婚したいからこそ、倉科さんは竹野内さんとの別れを選んだのだと思います。彼女のお母さんは若くして倉科さんを出産しています。同年代の友人たちもどんどん結婚していって、年齢的にも焦りがあったのでしょう。すでに次の恋愛にも前向きですよ。それこそ『次に付き合う人とは結婚!』と考えているかもしれませんね

出典元:ヤフー

破局理由については「竹野内豊さんがゲイ」だとか「双方に新しい相手がいる」などさまざまな憶測が飛び交いましたが真相は定かにはなっていません。

ただ2016年に竹野内豊さんが受けたインタビューで結婚感についてこのように語っていました。

結婚がすごく重要で、最終的な着地点だとは思っていないですね。形より、高め合っていける関係がすごく大切だと思っていて

出典元:haruジャーナル

ということは結婚に重きを置いていなかった可能性がありますね。

結婚したい倉科カナさんとまだ結婚したくない竹野内豊さんの間で結婚の話が進展しなかったということが一番可能性が高いかもしれません。


・濱口優

濱口優

続いてタレントや芸人として活躍している濱口優さんです。

倉科カナさんと濱口優さんの熱愛が報道されたのは2010年ですが、スポーツニッポンの報道によると2008年の夏頃から交際していたとのこと。

2人が出会ったきっかけは、お笑い好きだった倉科カナさんが濱口さんの後輩芸人を通じて知り合い、交際に発展したみたいですね。

熱愛報道された当時、濱口さんは交際について「ないです」と語っていたのですが、この発言はようやく軌道に乗り始めた倉科カナさんの足を引っ張りたくないという気持ちからだったと言われています。

当時、濱口優さんは39歳、倉科カナさんは23歳16歳差!

竹野内豊さんとも年の差があったので倉科カナさんは年上好きだったのかもしれませんね!

濱口優さんのマンションに倉科カナさんが通うなど幸せな交際を続けていたそうなのですが、交際から3年半後の2012年に破局が報じられます。

濱口優 倉科カナ 破局報道

破局理由については当時あまり詳しく報じられることはなかったですが、お互いに仕事が忙しくなり、すれ違うようになったと後になってわかっています。

ちなみに、濱口優さんは2018年にタレントの南明菜さんと結婚しました。




倉科カナと噂になった人は?

倉科カナ

続いて倉科カナさんと共演した噂になった男性5人を見ていきましょう。

・斎藤和義

齋藤和義

斉藤和義さんは数々の名曲を世に輩出してくれているシンガーソングライターです。

倉科カナさんと熱愛の噂が浮上したのは2006年デビューしたての倉科カナさんが出演したゼクシイのコマーシャルで楽曲を担当したのが齋藤和義さんでした。

齋藤和義 倉科カナ

当時、斉藤和義さんは40歳、倉科カナさんは19歳21歳差!

またまた年齢差が大きいですね!

ですが、共演しただけで熱愛というのは他の女優さんたちも同じですし、無理があります。

それに、熱愛報道されたわけではないですし、決定的な証拠もなかったため交際していた可能性は限りなく低いでしょう。

ちなみに斉藤和義さんは1995年に一般女性と結婚し、2010年には第一子が誕生しています。

・大東駿介

大東駿介

次に俳優の大東駿介さんです。

倉科カナさんとは2009年に放送された朝ドラ「ウェルかめ」で共演。

年齢も近く撮影現場で仲が良かったことから熱愛の噂が浮上したようです。

ドラマ上では結婚までこぎつけたお似合いの2人でしたが、朝ドラ出演中はスキャンダル禁止の厳しい掟があるのが有名。

倉科カナ 大東駿介

実際、決定的な画像やスクープなどがあったわけではないため、ドラマ中で「お似合い」と巷の妄想から出てきたただの噂に過ぎなかったようですね。

ちなみに、大東駿介さんは2020年6月に発売された女性セブンで、2015年に結婚し、子供が3人いたことが報道されています。

・濱田岳

花田岳

倉科カナさんと濱田岳さんは2013年公開の映画「みなさん、さようなら」で共演しています。

劇中では恋仲の役を演じ、ベッドシーンもあったことから2人の熱愛は噂されるようになったとか。

濱田岳 倉科カナ

ですが、濱田岳さんは2011年にモデルの小泉深雪さんと結婚していたんですよね。

撮影当時も既に結婚していたはずですし、決定的な証拠もないことから映画を観たファンの勘違いだった可能性が高そうです。

・錦戸亮

錦戸亮

元関ジャニ8メンバーだった錦戸亮さん。

現在はジャニーズ事務所を脱退しソロで活動されています。

そんな錦戸亮さんと倉科カナさんの熱愛が噂されたきっかけは2013年放送のドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」での共演でした。

錦戸亮 倉科カナ

ドラマが放送される前の2013年10月にヒット祈願のためドラマの舞台である東京・八王子の稲荷神社を2人が訪問。

この時のインタビューで倉科カナさんが錦戸亮さんを絶賛していたことから熱愛説が浮上したようです。

共演者の倉科については「腹から声が出ていて、気持ちのいいお芝居をされる方だなって思いました。見習っていきたいです」とコメント。

これに対し、錦戸と初共演となる倉科は「モテオーラが半端ないです!ニコッとするとキラキラって星が飛んでくるような感じです」と絶賛。

そんな倉科の言葉に、錦戸は「いや、そんなことないですよ!」と照れ笑いを浮かべていた。

引用元:ザ・テレビジョン

相手がジャニーズの錦戸亮さんだったことからファンの方が過熱してしまった可能性が高そうですね。

実際には熱愛報道もなく、スクープ画像などもなかったことから付き合っていた可能性は低いと言えるでしょう。

・玉木宏

玉木宏

最後は俳優・玉木宏さんです。

倉科カナさんと玉木宏さんは2015年に放送されたドラマ「残念な夫。」で共演。

2人が夫婦役を演じているため実生活でも交際しているのではと噂になりました。

それだけ2人の演技が自然だったのでしょうね!

玉木宏 倉科カナ

ですが、決定的な証拠もなくその頃には現在の奥様である木南晴香さんと玉木宏さんは既に交際していた可能性もあります。

そのため、倉科カナさんと玉木宏さんの交際はガセということで間違いないのではないでしょうか。




まとめ

倉科カナ

今回は倉科カナさんと噂になった男性について詳しく調査しました。

合計7人の俳優さんやミュージシャンと噂が浮上したのですが、竹野内豊さん以外全員結婚されていますね!

現在、結婚していないのは竹野内豊さんで倉科カナさんとの交際を唯一認めた人です。

それに倉科カナさんもまだ結婚されていません。

結婚秒読みと言われた2人なので大本命だったことには間違いないのでしょうが、お似合いと言われていた2人でもあったので結婚までこぎつけて欲しかったなと思います。

今後、復縁する可能性がゼロではないので、ファンの方は少なからず期待しているかもしれませんね!

今後の動向が気になります!




You cannot copy content of this page