芸能人の恋愛、結婚

滝菜月が結婚した旦那との馴れ初めは?子供はいる?

滝菜月

日本テレビの滝菜月アナウンサーが結婚を発表しました!

旦那さんは1歳年上でとってもイケメンという情報が!

かなりモテモテの会社員のようですね!

そこで今回は滝菜月さんと旦那さんの馴れ初めや子供についてご紹介していきます。




滝菜月が結婚した旦那との馴れ初めは?

滝菜月

では、早速滝菜月さんと旦那さんの馴れ初めについてご紹介していきます。

2人の馴れ初めは日本テレビ系列の「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」という番組でした。

もともと同じ早稲田大学出身共通の友人が多かった滝菜月さんと旦那さん。

当時は、顔見知り程度だったとのこと。

大学を卒業した後に、共通の友達と遊んで再会した時に滝菜月さんと旦那さんが盛り上がった話題が先ほどの番組でした。

滝菜月さんと旦那さんが番組の大ファンだったことや、一番好きな神回が同じだったということでお互いに意気投合したようですね。

そんな2人は2021年10月に浅草デートが報道されました。

滝菜月 旦那

記事には

お相手の男性は早稲田大学時代の同級生とのことですが、フライデーは1歳年上のイケメン会社員と伝え、2人が仲良く手を繋いでデートしている姿をキャッチし、浅草から隅田公園やスカイツリーへ行き、最後はスーパーで買い物をしてから揃ってマンションに帰っていったとのことでした。

引用元:スポーツ報知

旦那さんは俳優の戸次重幸さんに似たイケメン会社員だそうですよ!

戸次重幸

そして、熱愛報道から半年後の2022年4月29日に出演している「ヒルナンデス!」

お時間とってしまってすみません。
私事で恐縮なんですが、以前からお付き合いしていた方と結婚することになりました。
新しい生活での経験や発見を生かして、これからもヒルナンデス頑張って行くのでよろしくお願いします。

と結婚を発表しています。

その後、自身のTwitterでも再度結婚発表をしてくれていましたね。

ヒルナンデス!のMCを務める南原清隆さんも祝福をしてくれていたとのことで、とても素敵な結婚発表になったのではないでしょうか。




滝菜月の旦那は超エリート?

滝菜月

滝菜月さんの旦那さんはイケメンな上に超エリートだという噂も。

しかも、社長志望だとか!?

噂の真相はどうなのでしょうか。

旦那さんも滝菜月さんと同じ早稲田大学出身だということがわかっています。

早稲田大学出身というだけで優秀なのはわかりますよね。

そして、滝菜月さんが在籍していた学部は商学部なのですが、旦那さんも同じ学部である可能性が高そうですよね。

実は早稲田大学商学部は社長を多く輩出していることで有名。

商学部は早稲田大学の中でも、企業のトップマネジメント(社長、会長)を多く輩出している学部の1つです。創立100年を超える歴史と伝統、第一線で活躍している卒業生たちの実績に支えられ、財界のみならず数多くの企業に優秀な人材を送りだしています。

引用元:早稲田大学HP

つまり、旦那さんも会社員ではあるものの、商学部出身であれば社長志望でエリートの可能性が高いですよね!

また、滝菜月さんが旦那さんに惹かれた理由として

仕事に取組み姿勢

があったとのこと。

日テレの女子アナとしてバリバリ働く滝菜月さんでも感心する旦那さんの仕事に取組む姿勢。

このことからもエリートである可能性がさらに高まってきましたね!




滝菜月に子供はいる?

滝菜月

続いて、滝菜月さんの子供についてです。

滝菜月さんが結婚を発表したのは2022年4月。

その時に、おめでたであるという発表はされておらず、引き続き仕事を頑張るということを話していました。

ということで、滝菜月さんにはまだ子供はいません。

結婚した時点で28歳だった滝菜月さんは高齢出産の域でもないですし、そこまで焦っていないのであればもう少し新婚生活を楽しん後のおめでたになる可能性が高そうです。

それに、現在売れっ子アナウンサーなので仕事も忙しいでしょう。

後数年はおめでた発表はないかもしれませんが、ファンの方は早く滝菜月さんのおめでた報告を聞きたいと思っているかもしれませんね。




まとめ

滝菜月

今回は日テレのアナウンサーである滝菜月さんの旦那さんとの馴れ初めや子供についてご紹介してきました。

大学の同級生同士とのことですが、早稲田大学出身なので2人ともかなり優秀だということがわかっています。

同級生同士の結婚って素敵ですよね!

子供はまだいないということですが、2人の子供であれば優秀な子供に育つのではないかと思ってしまいます!

まだまだ仕事を頑張るということなので、今後の活躍にも期待です!




You cannot copy content of this page