芸能人の恋愛、結婚

後藤祐樹と嫁・後藤千鶴の馴れ初めや子供は?離婚歴があるって本当?

モデル、歌手、YouTuber、キックボクサーとして幅広く活躍していた後藤祐樹さん。

かつて『モーニング娘。』の元メンバーだった後藤真希さんの

弟としても知られていますね。

今回はそんな後藤祐樹さんと嫁・後藤千鶴さんの馴れ初めや子供、

離婚歴についてご紹介します!




後藤祐樹と嫁・後藤千鶴の馴れ初めは?

後藤祐樹さんと嫁・後藤千鶴さんの馴れ初めをご紹介します。

2017年8月25日にAmazon Prime Videoで配信される

バラエティ番組『今田×東野のカリギュラ』に出演し、

2013年頃に出会った一般女性の方と結婚していたことを明かした後藤祐樹さん。

2人の最初の出会いは突然だったそうで、

きっかけは後藤祐樹さんの姉・後藤真希さんの旦那さんからの電話でした。

ある日の夜中に電話が鳴り、起きて出てみると、

”友人の誕生日パーティをしているから来てほしい”

といった内容でした。

初めは夜中ということもあり、行くのを迷っていた後藤祐樹さん。

結局推しに負けて出向いたのでした。

呼ばれた先はカラオケで、そこにいたのが後藤千鶴さんだったと言います!

後藤千鶴さんを一目見て、

”可愛いじゃん”

一目惚れ

しかし、初めは友達の奥さんだと勘違いしていたそうです。

その日の飲み会はかなり激しく、

友人の1人がお酒をこぼし後藤祐樹さんにかけてしまった際に

とっさにハンカチを出してくれたのが後藤千鶴さんだったといいます。

初対面でこんなことされたらときめいてしまいますよね。

その後2人は会話を重ね、徐々に仲が深まっていったとか。

こうして交際が始まった後藤祐樹さんと後藤千鶴さんは、

同棲を開始し、約2年の交際期間を経て結婚に至りました!

プロポーズは結婚式の前日にされたそうで、108本の薔薇の花束を渡されたそうです。

プロポーズは「もうないだろうな」と半分諦めていた後藤千鶴さんは

当時かなり嬉しかったそうです!

ちなみに、薔薇108本には「結婚してください」という意味が込められています。

とってもロマンチックですよね♪




後藤祐樹と嫁・後藤千鶴に子供はいる?

後藤祐樹さんと嫁・後藤千鶴さんに子供はいるか調査しました。

2022年11月時点では、2人の間に子供はいないようです。

後藤祐樹さんと後藤千鶴さんは結婚してから子作りを始めたそうで、

自然妊娠を望んでいたものの厳しく、不妊治療を始めたそうなんです。

しかし、なかなか子供ができることはありませんでした…

こうして3年間続けた不妊治療の末、ようやく1回目の妊娠ができたのですが、

6週目の検診で赤ちゃんの姿と心音が確認できなかったといいます。

3年間の不妊治療で先月始めて1回目の妊娠をする事が出来ましたが、
今回は本当に残念でしたが稽留流産してしまいました。

僕は何も出来ないので悔しさしかありません。

ここで諦めずこれからも不妊治療を夫婦で頑張っていきます。
今はただ妻の側にいて支えてあげたいと思います。

引用元:後藤祐樹Instagram official

1番近くで支えていた後藤祐樹さん。

お互いに辛い思いをたくさんされてきたことと思います。

こうしてSNSに投稿したのも、

”同じく不妊治療で悩む方への支えになれば”

という思いがあったからだそうです。

2022年現在も不妊治療を続けているとのことなので、暖かく見守っていきましょう。




後藤祐樹は離婚歴があるって本当?

後藤祐樹さんに離婚歴があるということで、詳しく見ていきましょう。

後藤祐樹さんは、2005年の当時19歳にときに結婚した過去があるようで、

授かり婚だったといいます。

3人の子供に恵まれ、順風満帆な生活を送っていると思われた後藤祐樹さんですが、

2007年に離婚しているようです。

離婚理由について詳しく明かされていませんが、

後藤祐樹さんが逮捕されたことがきっかけではないかと言われています。

後藤祐樹さんは2007年に友人2人と共に建設工事現場に不法侵入し、

銅線を盗んで転売する銅線窃盗(金属泥棒)を行い逮捕され

懲役5年6ヶ月の実刑判決を受け服役しています。

世間では、服役中に他の恋人ができたという噂や、

逮捕歴を気にしているなどさまざまな憶測が飛び交っているようでが

真相は明らかとなっていません。




まとめ

今回は、後藤祐樹さんと嫁・後藤千鶴さんの馴れ初めや子供、

離婚歴についてまとめてみました。

過去に19歳という若さで結婚したことのある後藤祐樹さんですが、

後藤千鶴さんに出会い現在は幸せに暮らしているようですね。

これからもお互いに支え合って素敵な時間を共有していってほしいと思います。




You cannot copy content of this page